スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓

人気ブログランキングへ
海外の薬通販ベストくすり
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロテインの摂取量

1日に必要なたん白質の量

(文献により多少の差はありますが)成人は最低でも
体重1kg当たり 1.18g
(体重50kgなら 約59kg)


しかし、ストレス、病気、筋トレなどがある場合は需要が増え、
体重1kg当たり 2g~ 
(体重50kgなら 100g~)

つまり栄養療法している人はこれだけ必要ということです。


また、成長期の子供も
体重1kg当たり2g~

つまり自分の体重の2倍以上たん白質を毎日食べる必要があります。


これだけのたん白質をまかなうのって結構大変です・・
日本人のたん白質の平均摂取量は45g程度だそうです。



プロテインを一度に吸収できる量

プロテインパウダーなどを飲んでいる人は、
一度にどれくらいの量を摂っているでしょうか。


タンパク質を一度に吸収できる量には限度があるそうです。
1回に吸収できる量の目安は 「体重×0.7g」
(体重50kgなら約35g 約大さじ6杯分)

なるほど、プロテイン製品のラベルには一回分の量が
大体20g~30gくらいに設定されていますよね。


もちろん吸収量は様々な条件によって変わるので
この数字はあくまで目安ですが・・

例えば筋肉モリモリの男性ならもっと多いはず。
筋肉が多いということは、それだけたん白質を必要としていて、
必要量に応じて吸収量も増えるはずです。

まあ、普通はそんなにたくさん飲まないでしょうけれど。
(ボブサップは一日にプロテインを1kg飲むとか・・!?ほんとか・・)

筋肉をつけたい人、栄養療法でたくさん飲まなきゃいけな人は
一度にまとめて飲んでしまおうと思うかもしれません。

が、欲張って一度に大量摂取すると
胃腸に負担をかけてしまいます。
消化酵素を作ったりとフル稼働で働かないとなりません。

消化酵素の生産が追いつかなったら、プロテインは全部消化されません。
こうなったらせっかく摂ったプロテインが水の泡・・
便や尿となって排泄されてしまいます。

いいことなしですね。
なのでプロテインは(食事からのたん白質も含め)
少量ずつ回数を分けて飲むのが理想ということです。



つづく


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓

人気ブログランキングへ
海外の薬通販ベストくすり
[ 2010/07/07 19:24 ] ■たん白質 摂取量 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ランキング
ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

ブログ内検索
オーナー

LINDA

        LINDA

どんな病気も細胞の乱れが原因。
その乱れは栄養を与えることに
よって矯正できる

これが分子栄養学の考えです。
私はひょんなことからその分子栄
養学に出会い、実践し、独学で学
んできました。しかし、この新栄
養学に対する認知度はまだまだ
低く、本当に困っている人たち
の元へは届いていません。

原因不明の病、何をやっても治ら
ず、人生を諦めてしまった・・・
世の中にはそんな人たちがたくさ
んいます。そんな人たちに知らせ
たい!広めたい! そんな思いか
ら、草の根活動的に2010年3月、
ブログを始めてみました。

ブログの基本信念として、とにか
くわかりやすく、ああそういうこ
とだったのか~!と納得してもら
えるよう、シンプル執筆に努めて
おります。普段健康について気に
しないであろう若い人達にも興味
を持ってもらいたいです。

※LINDAは決して化学や栄養学
の専門家ではなく一介の素人の
お姉さんです。記事の内容に関し
て責任を負いかねますのでご了 承ください。Thank you.

メッセージ

名前:
あなたのメルアド:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。