スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓

人気ブログランキングへ
海外の薬通販ベストくすり
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花粉症が治った

輸入 サプリの効果 ニキビ 花粉症に効いた が治った ビタミンA 安い
私が摂取していた栄養素

・ビタミンA  4、5万IU
・ビタミンB  150mg~
・ビタミンC  4000mg~
・ビタミンE  1200IU ~
・鉄(Iron)  50mg(キレート鉄で)
・亜鉛 (Zinc) 100mg
・カルマグ  1000mg/500mg
・プロテイン 30g~ (食事からも積極的に摂取)



花粉症の改善

「治った」と言っていいいかわかりませんが、
(「症状を抑える」と言ったほうが正確かもしれません。)
栄耀療法を始めて数ヶ月、今年(2010年)の花粉症はかなり軽かったです。
(花粉症暦7年)
少し痒みやくしゃみがありましたが、薬を飲むまでもありませんでした。

元々花粉症を治そうと思って栄耀療法していたわけではなく、
ついでに治ってくれたと言う感じ。

私ばかりでなく、溝口ドクターの本「診たて違いの心の病」にも書いてあったのですが、
何か別の目的で栄耀療法をしてると
ついでにニキビや花粉症が治ったり、肌や髪がきれいになったりと、
副産物的効果を実感する人が多いようです。
全体から改善されていく証拠ですね。


花粉症改善に必要な栄養素

私は色々飲んでいるのでわかりにくいですが、
花粉症に特に必要なのはたん白質とビタミンAです!

花粉症改善にはまず「粘膜を強化する」ことが第一。
粘膜の材料となるたん白質、それを促進するビタミンA。

次に「炎症を抑える」ことも。
炎症を起こす物質ヒスタミン。
ビタミンCはこのヒスタミンを抑制します。

ヒスタミンは脳の伝達物質でもありますが、
ヒスタミン剤は必要な部分まで抑えてしまう
⇒これが副作用として現れる

それから「活性酸素をな除去する」ことも。
炎症は活性酸素を撒き散らすことによって起こるので、
炎症部位には活性酸素がたくさん発生しています。
なのでこれを除去することも大切。
抗酸化物質、スカベンジャーと呼ばれる物質をとりましょう。
コエンザイムQ10、ポリフェノールなどなど色々ありますが、
本来身体に備わっている抗酸化レンジャーは、ビタミンACEです。

その他、ビタミンB群の一つで抗アレルギー作用のあるビオチンなど
対策栄養素はたくさんあります。


ビタミンAの働き

ビタミンAはよく目にいいと言われますが、
それだけではないんです。

皮膚や粘膜を強くするために欠かせません。
粘膜を守るために分泌されるプルプルした物質=粘液を作ります。
ニキビ・アレルギー鼻炎、アトピー・胃潰瘍etc...
とにかく粘膜の病気全てに必須です

また分化ビタミンとも呼ばれ、細胞の成長に必要です。
赤血球も一つの細胞なので、貧血にも関わります。
ビタミンA不足だと、赤血球の成長が途中で止まってしまいます。
細胞の新陳代謝に関わるので、美肌からガン予防まで。

天然の抗酸化物質としても重要です。
ニキビも癌も、全ての病気に活性酸素が関わっていて、
こいつをいかにやっつけるかが健康の要です。
体内では、ビタミンA・C・Eがペアになって活性酸素をやっつけます。
「ビタミンエース」と覚えましょう!



ビタミンAの必要量


必要量はもちろん個人差がありますが
花粉症やニキビには、5万IU~くらいは必要だそうです。
ビタミンAと言うと、どーしても「過剰症」の先入観があって
思い切れないかもしれませんが、この大量摂取にこそ意味があるのです。
詳しくは「栄養素の量」を参考に

普通の栄養学の常識から見ればビタミンA5万IUなんて危険!
と驚かれてしまいます。
(一日の所要量 ⇒2千IU、 上限量 ⇒2万IU)
が、分子生物学的に言うと、実際はどんな人にも万単位のビタミンAが必要なのです。
一日の所要量というのはいわば古い栄養学的考えで、
必要最低限の量、これ以下だと欠乏症を起こしますよという量で、
個人の弱点(花粉症があるだとか)は考慮されていません。

ちなみに10,000IU=3mgです。
IUにすると数字がでかくなりますが、質量はそんなに多くありません。
事実私が長期間5万IUはとっているので、まあ死ぬことはないでしょう。

もちろん(どんな栄養素にも)過剰症はあります。
しかしそれは10万IU以上を長期間とり続けた場合であり、
食事でもサプリでも、うっかりとってしまう量ではありません。
それでも胃潰瘍や癌の治療に30~50万IU必要なケースもあるくらいです。


おすすめビタミンA,選び方については ビタミンAサプリメントを参考に

※脂性の人(油っぽいものを食べたりするとすぐニキビになるとか)は
ドライタイプのビタミンAサプリがベターだと思います。
脂溶性ビタミン(A,D,E,K)は脂を含むので
それがかえってニキビに影響してしまう場合があるので。


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓

人気ブログランキングへ
海外の薬通販ベストくすり
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ランキング
ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

ブログ内検索
オーナー

LINDA

        LINDA

どんな病気も細胞の乱れが原因。
その乱れは栄養を与えることに
よって矯正できる

これが分子栄養学の考えです。
私はひょんなことからその分子栄
養学に出会い、実践し、独学で学
んできました。しかし、この新栄
養学に対する認知度はまだまだ
低く、本当に困っている人たち
の元へは届いていません。

原因不明の病、何をやっても治ら
ず、人生を諦めてしまった・・・
世の中にはそんな人たちがたくさ
んいます。そんな人たちに知らせ
たい!広めたい! そんな思いか
ら、草の根活動的に2010年3月、
ブログを始めてみました。

ブログの基本信念として、とにか
くわかりやすく、ああそういうこ
とだったのか~!と納得してもら
えるよう、シンプル執筆に努めて
おります。普段健康について気に
しないであろう若い人達にも興味
を持ってもらいたいです。

※LINDAは決して化学や栄養学
の専門家ではなく一介の素人の
お姉さんです。記事の内容に関し
て責任を負いかねますのでご了 承ください。Thank you.

メッセージ

名前:
あなたのメルアド:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。