スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓

人気ブログランキングへ
海外の薬通販ベストくすり
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

分子栄養学を広めた人たち

分子栄養学とは一体?どうやって生まれたか


分子栄養学をすでに知っている言う人は、
三石 巌さんの本だったり
ケンビファミリー(KYB)のメンバーだったり
溝口クリニックに通っていたり
する人たちだと思います。

私の知る限りで、分子栄養学に関する
複雑な?人間関係を図にすると・・・

       
       
       ライナス・ポーリング   エイブラム・ホッファー
        ↓         ↓       ↓          
  
    三石巌           金子雅俊
(三石理論研究所・著書)   (分子栄養学研究所)      

      ↓                 ↓
 
  ・個人             ・クリニック(溝口徹など) 
  ・専門機関 など      ・個人 など   
                   



元々は分子栄養学はアメリカのライナスポーリングによって生み出されましたが、
それを学んだ三石巌、金子雅俊らが日本に持ち帰り
そこに彼ら独自の説を取り入れて専門的、実用的に発展させ
一般に広めていった、という感じだと思います。
ライナスポーリング研究所ということろで研修員として
分子栄養学を学んだそうです。

この2人に何かつながりがあるか(研究所にいた時期がかぶっていたか)
はわかりませんが、2人が主張する分子栄養学はほとんど同じだと思います。

さらにこの2人から分子栄養学を学んだ専門家がいるわけですが、
その弟子達がそれぞれ独自の概念を取り入れたりするので、
例えば医師だったら、医師なりのプレ知識や考え方があるので、
全ての人の主張が同じとは限りません。
同じ分子栄養学研究者でも、相反する主張をするかもしれません。
ある人は砂糖は「悪い」と言い、、
ある人は「良い」と言ったり。

分子栄養学というか、そもそも生命の仕組み自体がが未解明なことだらけなので、
全ての答えは見つかっていはず。その辺は頭をやわらかく。



エイブラム・ホッファー

カナダの精神医学者。
特にナイアシンを用いた精神疾患の治療の研究で
有名です。つい最近亡くなられましたが・・
分子栄養学の世界ではポーリングに続くキーパーソンです。




三石巌

元々は物理学が専門の大学教授だったようですが
退職後にオーソモレキュラー医学に出会い
それを自己流に発展させ、
「分子栄養学」というものを開拓した らしいです。


分子栄養学に関するたくさんの本を出していて
これがきっかけで分子栄養学に出会った、
これを参考に勉強している、という人も多いはず。

三石巌の著書一覧。 
中でもLINDAのおすすめは
『健康自主管理のための栄養学』

「分子栄養学が学べる本」でも紹介しましたが、
なかなかよかったです。
他の本と違うのは、
各物質の働きの説明が「分子レベル」だということ。
奥深く学べる感じ。
興味があればとても面白いはず。
シリーズ全5巻。

97年、95歳で亡くなりましたが
彼の功績を引き継ぐべく
三石理論研究所という機関が存在し、
メグビーというサプリメント販売会社も運営されています。
ここのサイトにも栄養学について
貴重な情報が色々載ってるので
要ちぇきです。




金子雅俊

金子雅俊さんもまた
オーソモレキュラーを日本に普及させた一人ですが、
(「分子整合栄養医学」という言葉を使っているようです。)
この人のすごいところは
栄養の過不足状態を血液検査によって読み取るという
なんとも画期的な方法を考え出しました。
(この血液検査の診方については語述)

実は元々、製薬会社で薬の開発に携わっていたらしいです。
いわば元薬のプロです。
だからこそ、薬の怖さだったり
医学の対処的療法などに疑問を感じ、
今までのキャリアを捨ててまで
この分子栄養学に身を捧げることになったんだろうなあ
と個人的に感じます。


で一体どんなことをしているのかというと、
希望者は提携クリニックで血液検査を行い、
そこからその人に必要な栄養素を読み取り、
サプリを処方し、その後も病状の経過をフォロー
というような医療サービスを行っています。

サプリメント販売者がケンビファミリー、
開発元が分子栄養学研究所となっています。


無条件にサプリを売る会社ではないので
店頭やネットで商品を販売しているわけではありません。
メディア広告など一切なく、HPもないので
リンクも貼れないのですが
口コミによって細々と広まっています。


そしてそして、この研究所では、
もう一つサービスとして
医師や歯科医師など医療関係者向けの
分子栄養学セミナーも行っています。

ここで分子栄養学やら
血液検査診断のノウハウを一から学び
認定を受けると
自分のクリニックで血液診断療法を行うことができるようになります。
そのうちの一つが、
冒頭で述べた溝口クリニックです。



次回は栄養療法療法を行っているクリニックについて。


つづく















スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓

人気ブログランキングへ
海外の薬通販ベストくすり
[ 2010/03/09 20:38 ] ■分子栄養学 広めた人 | TB(0) | CM(6)
少しづつですが、始めています。
昨日「精神科医の栄養療法」読みました。アウトラインが少し見えてきた感じです。
iHerbにも昨日発注してみました。
一般論を俯瞰できたら、自分にとって何をどれくらいとればいいのか探っていきたいです。そして、どこでどの商品を買えばいいのかも。
知りたいことが増えてきました。引き続きいろいろと教えてくださいね☆
[ 2010/03/10 08:47 ] [ 編集 ]
To lonestar
> 昨日「精神科医の栄養療法」読みました。アウトラインが少し見えてきた感じです。
> iHerbにも昨日発注してみました。

おっそうですか、お役に立ててよかったです。
今は何を飲まれてるんですか?
何か変化などあったら教えてくださいね

私は統合失調症関係の本はまだ読んだことがないのですが、
何をどれくらい、というのはやはり書かれてないですか?

自己判断には限度があるので
一度クリニックを受診されるのも手かもしれません。
自分の血液状態がわかると、へーっということだらけで
モチベーションとか、意識も変わると思います。

やや高額ではありますが(料金は今確認中)
何度も通わなければいけない義務はないし
サプリメントもクリニックのものを強制されるわけではないそうです。

実際に溝口に通っている方の記事も紹介予定なのですが
なかなか肉体的に追いつかず(・・;)
ここら辺ももっとたくさん書かなければ・・!

[ 2010/03/14 00:36 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/22 10:47 ] [ 編集 ]
金子雅俊氏
分子栄養学の歴史についてすばらしい解説ですね。
金子雅俊氏は、もともと三石巌氏の主催する勉強会の一員です。
正確には、三石氏の下に金子氏を→で持ってくるのが正解になります。
独立する際に、メグビーとの間でも、いろいろと確執があったようです。
医療機関に広めた功績は大きいと思います。
[ 2011/10/01 23:42 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/10/04 17:46 ] [ 編集 ]
高すぎ
アマゾンでの私のidです。ハイジアーについて書きました。私達の体験です。月12万以上取られました。3ヶ月で40万円近いお金が消えました。泥棒です。
[ 2014/06/04 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ランキング
ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

ブログ内検索
オーナー

LINDA

        LINDA

どんな病気も細胞の乱れが原因。
その乱れは栄養を与えることに
よって矯正できる

これが分子栄養学の考えです。
私はひょんなことからその分子栄
養学に出会い、実践し、独学で学
んできました。しかし、この新栄
養学に対する認知度はまだまだ
低く、本当に困っている人たち
の元へは届いていません。

原因不明の病、何をやっても治ら
ず、人生を諦めてしまった・・・
世の中にはそんな人たちがたくさ
んいます。そんな人たちに知らせ
たい!広めたい! そんな思いか
ら、草の根活動的に2010年3月、
ブログを始めてみました。

ブログの基本信念として、とにか
くわかりやすく、ああそういうこ
とだったのか~!と納得してもら
えるよう、シンプル執筆に努めて
おります。普段健康について気に
しないであろう若い人達にも興味
を持ってもらいたいです。

※LINDAは決して化学や栄養学
の専門家ではなく一介の素人の
お姉さんです。記事の内容に関し
て責任を負いかねますのでご了 承ください。Thank you.

メッセージ

名前:
あなたのメルアド:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。